読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ダブル】初手バレル式ガルーラサーナイトスタン

第9回北陸オフで使ったPT

f:id:usualeveryday:20160919215709p:plain

3勝3敗の内、3敗全てが運負けとかいうギャグをかました

1勝は運勝ちでした

 

最初はサナカメックスを使おうとしていたが、VGC2016の影響でドーブルの使用数が未知数だったため、ボルトロスの守るを切り、挑発を採用。又、守るを切った事により、立ち回り面にかなり影響が出る事が考えられるので、HSベースにして最低限の仕事をこなせるようにしたが、化ボルトの耐久面を信頼していないのでカメックス→ガルーラでの猫展開、ズキンの場合はSが低いため展開に支障が出ない精神力ガルーラの方が確実に組み立てやすい。霊ランドはやはりPT相性の補完上、最も優れている威嚇枠だった

 

ガルーラ@ガルーラナイト 陽気 AS

捨身タックル けたぐり 猫だまし 守る

特に理由がないならAS以外はないです。激戦区のSは最悪同速とれるようにはしたい事と耐久調整は削られれば意味がなく、それを活かす選出、立ち回りは決まっていないので○○よりは確実に速い、ガルーラが抜かされるならばスカーフというのも立ち回りの指標になりますね

守るは対面を整える意味もあるが、サーナイト入りに対して猫+サナバレル構築の場合はガルーラボルト選出をして、1回守って挑発をはさむかドラン出しで展開する事を考えています

 

サーナイトサーナイトナイト 臆病CS

サイコキネシス ハイパーボイス 封印 守る

封印はミラーで決まれば勝ち確定なレベル。ミラーで決まる確率を最も高くするために最速。又、ガルーラとサーナイトが対面した時のメガ進化の順番で相手のガルのSが割れる

 

ボルトロス@オボンのみ 臆病HSベース

10万ボルト めざ氷 電磁波 挑発

VGC2016の後なので、ドーブルの生息数がどれだけいるかわからなかったので仕方なく挑発を採用した。普通に使うならオボンHSベースでも守るで良いと思っている。ガルーラやサナの守るも化ボルトでの電磁波からのS操作をはさんでから展開していく事もあるが、逆に、化ボルトが倒されそうな場合、隣のポケモンが殴って化ボルトの敵を倒すパターンも充分に存在するからである。まあ、ゲッコウガの事です

それと、選出のパターンも守るがある事で最悪のケースは防げる場合があり、パターンを増やす事ができます

 

ランドロス@脱出ボタン 意地haDS

地震 岩雪崩 とんぼがえり 守る

有利対面を作りやすくすることやモロバレルの再生力を効率良く運用するための脱出ボタン。まだ技枠は手探り状態だが、地震リザードンに対してのワンチャンとして雪崩は確定枠で良い感じ。他2枠は練れる

 

ヒードラン@シュカのみ 臆病CS

熱風 大地の力 原子の力 守る

相手のドランがキツいので、シュカのみでミラーで打ち合えるようにした。これもミラーを考えると最速になる。

 

モロバレル@メンタルハーブ 生意気HBd

ギガドレイン 怒りの粉 キノコの胞子 守る

初手にモロバレルを積極的に出せる型がメンタルハーブモロバレルだと気付いた。化ボルトのようなポケモンはやはり先発が多く、ガル+αのような猫だまし持ちとの対面はどうしても読まれがちであったのを変えたかった。挑発持ちポケモンの前では積極的に動かす事で相手のポケモンを1匹眠りにする事ができ、次ターンは確実に動かない保障ができるのが強みだと思っている。

前までは先発バッグから後発からのモロバレル出しだったが、これのおかげで選出パターンは多くなった。化ボルト入りのガルーラスタンには積極的に先発で出していく