読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ダブル】マークなしダブル  ガルーラボーマンダ2メガ

S12で使用していました。

f:id:usualeveryday:20151121001449p:plain

自分が世界大会から感じ取った事をこのシーズンで試してみようと思いましたが、後半から全く手をつけていなかったので、自分が趣味に使える時間配分はしっかりと考えなくてはいけないですね

世界大会から感じた事

使い慣れたPTを使う

・理論よりパワー

多分、変に理屈を捏ねるよりもこれが最もシンプルな回答だと思います。自分が使い慣れた構築での安心感というのもそうですけど、その安心感がどこからくるかというと、その構築を使い続けるという事はそれなりに勝てているので使っているという事です。少なくともこれが今の自分に足りなかった事ではないかなと思います。それに加えるなら自分の調整力不足というのもあります。まず構築を組む時点で最低限2~3時間は考えますが、その構築を回して「○○に勝てない」事を考えて、改良しようとする場合に、「○○を抜くと○○に対応できない」という事態が発生して改良が進まない、若しくは、改良しないでシーズンを終わります。これのダメな点としては、試そうとしない事ですね。

使い慣れた構築を使うメリットとしては、その経験上から相手の行動を予測して当たる精度が上がります。正直、理論派の自分が言うのもどうかと思いますが、リスクリターン関係なく「相手は○○をしてくる」という行動を選択する事でアドバンテージがとれる展開なんていくらでもあります。その精度が上がるという事は必然的に勝率も上がります。わかりやすいのが、前にも少し記述しましたが、グロウパンチガルーラですね。グロウパンチガルーラはどこかで頭のネジが外れた状態にならないと使えないポケモンであると思っています

そういう事もあり、「相手は○○してくる」という前提である程度動かすPTとしても前回グロウパンチガルーラを使い、思ったのは、ガルーラの選択肢の多さから守られることが多い事とグロウガルーラの初手の展開の遅さが気になっていました。PT構築もそこまで良くなかった事も考えられますが、ヒードランに対しての切り返しの弱さが目立ち、何回か競り負ける事がありました。よって、次はみがわりガルーラでアドをとる事を考えました

そして、もう1つとして理論よりパワー。これは単純に理屈ではなく、使い慣れている事も含めてPTでのパワーをできるだけ高種族値でまとめられるかどうかという事だと思っています。世界大会でのPTや日本代表決定戦、ジャパンカップ等々、そこで使われ結果を残したPTを「自分が使う事で同等の結果を残せるか?」と聞かれると、同等の結果を出せると断言できるようなPTはない事とそれなりの強さを持っている事を感じさせる魅力がないからです。どうでもいい話になりますけど、自分が他人のPTをほとんど真似しない、参考にしないのはこれが理由です。魅力を感じないならば、自分で作った方がマシっていうだけです

前置きは長くなりましたが、今回のシーズンでは、深く考え込まず、できるだけメジャーなポケモンで固めようと思いました。使い慣れる事に関しては、単純に意識が薄れていってしまったのが原因でした。自称ゴリラだから仕方ない

 

ガルーラガルーラナイト 意地AS

やつあたり けたぐり みがわり 守る

 

ボーマンダ@メガ 臆病CS

ハイパーボイス 火炎放射 追い風 守る

 

ボルトロス@珠 陽気AS

ワイルドボルト 叩き落とす フリーフォール 守る

 

ランドロス@スカーフ 陽気AS

岩雪崩 地震 馬鹿力 叩き落とす

 

モロバレルゴツゴツメット

ギガドレイン キノコの胞子 怒りの粉 守る

 

ゲッコウガ@気合の襷 臆病CS

冷凍B ハイドロポンプ 悪の波動 守る

 

PT解説

単純にガルーラ+αの圧力が強いようにします。先発はガルーラ+化ボルトorゲッコウガは相手からするとかなり慎重なプレイングを引き起こす要因になります。記事書くたびに同じ事を言っていますけど、6世代はメガ枠が殴れば強いルールなのでガルーラで殴っているだけで勝っていました(頭の悪い表現だが、事実だから許してください)

明確な理由がある配分や技について

ガルーラが意地の理由

陽気ガルーラでのけたぐり耐えが指標としてある場合があるのでそれらを崩せる意地(ヒードランガルーラミラー)

ボーマンダの追い風

エルテラに対してテラキオンを縛りつつ追い風やリザバナに対しての切り返し。ガルーラの部分では補えないところを補える技

・化ボルトの叩き落とす、フリーフォール

叩き落とすに関しては単純にPT全体での霊への打点が不足気味。特にギルガルドに対しては崩せなくなりそう。後は、やはり持ち物情報アドがおいしい

フリーフォールはこの指や怒りの粉を無視する仕様があるので、今回はフリーフォールを採用した。全く使っている人がいないので、超親切に教えてあげるとフリーフォール+みがわりのアドは普通に使うよりもかなり期待できるのでみがわりを使用する上での相性はかなり良いと思っている。特に耐性が多いポケモンがみがわりしつつ、そのポケモンへ有効な打点を持っているポケモンをフリーフォールで1ターン無効化しつつみがわりをはる事ができると考えられる。あまり強い技ではないと思っているが、自分のようにゲーム展開をきちんと考えられる人が使えば間違いなく強い(さりげない自画自賛)

ゲッコウガ

このルールだと強いと思い、採用。やはり負けん気ボルトや霊ランドに対して強く、氷を受けてくる主なポケモンに対しても有効な打点をもっている

 

これからもあまり考えずにポケモンやっていきます。目指すは猿です

今は豚なので、とりあえず2足歩行できる事を目指します

 

余談  豚はちょろい

中古ショップ巡りをしたのですが、ちょろいのでいろいろ買って17,500円ぐらい使いました。一番アドだったのは、とある科学の超電磁砲OVAのブルーレイが400円だった事です

f:id:usualeveryday:20151120220623j:plainf:id:usualeveryday:20151120220643j:plain

オタクって感じ

終わり

f:id:usualeveryday:20151121014227j:plain