読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【XYダブル】ファストガードを使ってみた

考察

6世代に入って、ファストガードという技は悪戯心を含む優先度+1以上の先制技を防ぐ事が可能になりました。このような防御系の技によくある連続使用が難しいという欠点も失くなっています。(ファストガード自体の優先度は+3)

とりあえず、使おうと思った原因として

・現環境にいるガルーラやクチートというポケモンが霊ポケモンに対する打点がふいうちに依存しがち。特にガルーラはふいうちのみでしょう

・猫だましや悪戯心持ちの電磁波のケアが楽(ニャオニクス、クレッフィ等)

 

とりあえず、使ってみた自分の先発の形として

ゲンガー@ゲンガナイト

シャドーボール ヘドロ爆弾 みがわり 守る

 

ニャオニクス@何か

猫だまし サイコキネシス ファストガード 甘える

悪戯心持ちに対していつまでもファストガードしてると窮屈なのでゲンガーはみがわりの採用。高いCとSにより攻撃回数を増やす事にもつながるので使いやすかったです

使ってみた感想としてはニャオニクスはメガガルーラ抜きをすること

ファストガードを1回見せるとして、その後に平気でふいうちを連打するようなプレイヤーはたくさんいました。メガガルーラより遅いとふいうちと甘えるの行動順が、ふいうち→甘えると甘える→ふいうちという行動順の差でこちらのニャオニクスがガルーラより早いと選択肢が甘えるをしながらゲンガーが行動するかファスガでゲンガーの体力を温存するかの2択の選択肢がありますが、ニャオニクスがガルーラより遅いと甘えるをしながらゲンガーが行動するという選択肢が消えてしまいます

配分はPTにもよりますが、自分が使ってみるとここが一番調整が必要だと思いました

ゲンガーは耐久低いので先制技で縛られやすい場面もあり、ファストガードとの相性は良かったですね

ダブルでは先制技の需要や悪戯心の蔓延、猫だましの有用性からこれからは相手が使ってくる技として十分考慮する必要があると思います

因みに、ニャオニクス特性悪戯心ファストガードなので実質全ての猫騙しを防げます