読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【XYダブル】バンギバーン 選出編 お見通しでの情報アド

考察

レート50戦ぐらいしての選出パターンがある程度確定してきたので

 

先発:オンバーン、火ロトムorギャラドス

後発:ニダンギルロトムorギャラドスorフシギバナorバンギラス

先発はオンバーンはほぼ確定。後発はニダンギルはほぼ確定みたいな感じ

残りの選択肢のところは先発は火ロトムギャラドス。後発でも火ロトムギャラドスが多いので赤字にしました。フシギバナバンギラスの出番は少なめ

オンバーンや火ロトムは両方とも拘り持ちで動きづらそうな面がありますが、それをきっちり動きやすくしてるのがおみとおしという特性です

お見通しでは特性発動順での単純なS判定や相手の両方の持ち物を判別してくれるので襷の有無からの低耐久を眼鏡流星群での処理や相手がスカーフの時の対応等初手の立ち回りがかなりやりやすいです

今回はメガ進化という要素もあり、ポケモンメガ進化するかどうかの判別。勿論、襷ではないので大抵オンバーンで先手をとり眼鏡流星群での処理というアドを何回も稼げました。メガ進化というのはそのポケモンの能力値を大幅upを狙えることもあり、切り札的な存在であるのは確かなのでやはりもう少し慎重に扱っていくべきではないだろうかとは感じましたね。メガ進化をすることでもう他のポケモンメガ進化しないことは確定してしまいます

5世代ではおみとおしという特性は全く使われず、大抵「こいつは何を持っているのか」という確定情報ではなく予想から始まります。予想を外してしまうことも多々あり、皆さんでいうところの読み負けなんて日常茶飯事でしょう。その要素を減らせるということでも自分はかなり価値がある特性だと思います

 

お見通しでの情報アドからかなり立ち回りが楽になってるので、サンプルとしてBVを載せておきます

赤字は先発

自分:オンバーン、火ロトムギャラドスニダンギル

相手:オンバーン、ゲンガーギャラドスガブリアス

MQMG‐WWWW‐WWWX‐YEXP

 

自分:オンバーン、火ロトムギャラドスニダンギル

相手:ゲッコウガ、ハッサムガブリアス、ルカリオ

NSEW‐WWWW‐WWWX‐H9DU

 

自分:オンバーン、ギャラドス、火ロトムフシギバナ

相手:ゲッコウガ、ドクロッグバンギラス、サンダー

SBBG‐WWWW‐WWWX‐YE2M