読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【雑記】構築を組む時の流れ

とりあえず、参考にマイペースルンパッパ軸を例に説明していきます
http://ktmhp.com/hp/dzunder2/seimanokouseki/bid-67449

 

とりあえず、簡単な流れとして
1、使いたい、軸となるポケモンを決める
2、そのポケモンを活躍させる場を整えるポケモン。補助要員。今でいうと、クレセリアや化身ボルトロスがこれにあたる
3、補助要員その2。いらない場合は後の枠を補完で埋めていきましょう
4、何がきついかをしっかり考え補完すること。これが一番大事なことです。軸となるポケモンだけでは勝てない試合なんてザラなので他の面子でも勝てるようにすることを意識しましょう


まず自分の使いたいポケモンを決めます。この場合、マイペースルンパッパですね。簡単に技構成も決めておきましょう
とりあえず、基本となりそうなのが

ルンパッパ@??
たきのぼり 種爆弾 猫だまし 守る

f:id:usualeveryday:20130904021835g:plain



持ち物も決めておいてもいいと思います。今回は命の珠ですね。ルンパッパは他にも冷凍Pや炎のP、ドレインPなど広範囲にすることができますが、所詮サブ。後からどうしても足りない時に補完として入れればいい技です
次に、トリックルームで使うか。穏やかボルト電磁波軸でいくかの選択ですね。要はルンパッパに威張るをいれる役割を誰に持たせるか
こちらは個人の好みでどうでもいいですね。俺は穏やかボルトを持っていないのでトリル軸とすぐに決まりました。自分ができる範囲でどうやって組むか考えるのも大事なことです。ないものねだりは好ましくないと思っています
今回の例だと

クレセリア@オボンのみ 生意気
サイコキネシス 冷凍B トリックルーム 威張る

f:id:usualeveryday:20130904013302g:plain



まあ、一番の基本となるべきところとしてやはりクレセリアを選択しました。ここもトリル要員としては使ってみて後からどうしようと考えることができますね。信頼できる耐久力である程度の無理もできます
トリル要員をクレセリアにしたことでルンパッパのSはトリル下での行動順がクレセ→ルンパになるように82以上にしておくことも確定ですね

次にトリルの起動パターンの確保として

モロバレル@??
ギガドレイン キノコの胞子 怒りの粉 守る

f:id:usualeveryday:20130904021417g:plain



この指系統でトリル起動のパターンの1つを確保。ルンパッパも猫だましを持っており猫+トリル、粉+トリルと2パターンの起動方法を確保
トリックルームを起動するうえではまだまだ心配なことはありますが、それを気にしすぎても他が疎かになってしまいます
自分の戦略をどう通すか考えるというのはとても大事なことです。せっかく使うんですからどうすれば使いたいポケモンが活躍できるかを考えましょう
猫を吸い、更に確実にトリル起動をできるトゲキッスでもいいですが、これは又後程少し説明入れます

ここまできて何がきついか。ウルガモスがすごいきついですね。特にウルガモスの場合はカポウルガやレパルウルガといった隣にいそうなポケモンを考えないといけません
俺の場合は、特に何度もわからされているからかここはすごい重要視しました。
ウルガモスだけならクレセでトリックルーム起動してからルンパッパに威張ってたきのぼりで充分です。あるポケモンを対策するうえで隣に何がいるかと考えることも重要な要素。
たまに見かけるのが、隣に何がいるのかというのを考慮されてない考えを見かけたことがありますが、正直失笑ものです。これはシングルではなくダブルバトルなのですから
例を出すと、ヒードラントリトドン対面。ヒードランにはめざ草がないと仮定
これは特に事故がない限り、トリトドン有利に思えますよね?
では、実際にはこれは対策になっているのかと言われると俺の答えはNOです
相手の隣にクレセリアがいた場合、考えられることとしてスキルスワップや日本晴れがあります
スキルスワップをされると重要な打点である地面技が効かなくなり、日本晴れだと濁流の威力が減ってしまいます
濁流はまだダメージを与えられますが、試行回数が増える=外す確率も増える。よって、事故確率も増えますからあまり好ましくありません
こうなると下手すると、トリトドンは打ち負けてしまうことも考えられるのでこれでは対策とは言えませんね
といっても、考えすぎてもいけませんがね。自分が苦手そうなところをどう考えて上手く対策するかがとても重要なことだと思います
ということで、カポウルガやレパウルガに対してある程度の優位をとれるポケモンとして採用したのがこちら

ゴウカザル@気合の襷 せっかちor無邪気
オーバーヒート インファイト 猫だまし ストーンエッジ

f:id:usualeveryday:20130904021845g:plain



ハッサムもきついのでこの1枠にかなり詰め込んだ感じですね。炎技、格闘技、猫だましを基本技としてウルガを倒さるようにストーンエッジ
雪崩ではない理由が、カポエラーが相手だった時、威嚇が入り倒しきれないことやワイドガードのことを考慮するとこうなりました
ただ抜群をとるのではなく、相手がどういう技を持っているか考えるのも大事なことです。実際の技枠は4つですが相手にすることを考慮する場合はなるべく幅広く考えた方が確実ですね

次に相手の竜がきついですね
ジュエル流星群も考えると相手にうたせないこともとても大事なことです
ということで、こちらのポケモン

ラティオス@拘りスカーフ 控え目
流星群 竜の波動 サイコショックorサイコキネシス トリック

f:id:usualeveryday:20130904021349g:plain



これなら相手が臆病スカーフ竜や襷竜でない限り相手の竜を行動させずに倒せます。そういう面ではスカーフラティオスは非常に評価できるポケモンですね
俺はウルガモスカポエラー意識でサイコショック。割と適当。というか、全然使わない()

ここできついのはトリル下でのハッサムヒードラン。特にハッサムは打点がないので意識しておきたいところ
ハッサムの攻撃技として考えられる範囲は、むしくい、バレットP、アクロバット
ルンパッパでの猫だまし+トリルの流れを考えるとルンパッパの後ろから後出ししながら勝てるポケモンがほしい

グランブル@ラムのみ
恩返し 炎のP けたぐり 守る

f:id:usualeveryday:20130904021853g:plain



ハッサムを意識しているので炎のPは当然として、トリル下でのヒードランバンギラスを意識してけたぐり
威張るとのシナジーでラムのみ

とりあえず、ここまでは決まりましたね。
それでここできつそうなのが相手の対モロバレルキノガッサ。特にキノガッサはレパルガッサまで考えて対策したといえるでしょう
というわけで、グランブルの持ち物をラムのみ→キーのみ。モロバレルにラムのみを持たせてモロバレルミラーにも強くし、キノガッサに対しても出していきこっちが催眠をしかけていくことができます
回してみて案外なんとかなる場合も多々ですが、対策はしておくに越したことはありません。一度6匹が決まったらもう1回見直すことは大事です

ここでモロバレルの枠についてですが、この枠をトゲキッスにした場合
ルンパッパ、クレセリア、トゲキッス、ゴウカザルラティオスグランブル
電気の一貫性がすごいですね。霊ボルトこわいです。それとバンギラスの岩雪崩の一貫性もモロバレルの時よりも高くなります
これもあってモロバレルの採用ですね。トゲキッスよりはモロバレルを入れる方が全体的なバランスは良くなります。この全体的なバランスも大事なことです

まあ大体こんな感じです
最後に、構築の事とは関係ない事ですが、自分が個体を持っていない場合、親しい人から借りるというのも1つの手です
しかし、最近思うことがきちんと借りたものを返さない人が多いのではないのかということです
正直、論外です。案外ゴミみたいな性格した人が多いんだなと思ってます